三十路前フリーター女の生活奮闘記

なっかなか生活が安定しない27歳女のお仕事事情、私生活、癒しの愛犬話などなど…

●profile●

マス☆マス

Author:マス☆マス

年齢: S54.7.8 27歳
性別: 女
生息地:新潟県
趣味: 買い物
     音楽
     テレビ
     雑誌
目標: とにかく正社員に
     なって、ボーナスが
     欲しい!


●recent entries●
●comments●
●links●
●categories●
●monthly archives●
●counter●
●maile●

名前:
メール:
件名:
本文:

●search●
●trackbacks●
●ranking●
●others●
●RSS feed●
●FC2 blog junkie●
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットブームの影に・・・

Tue.29.08.2006
ここ最近直木賞作家の坂東眞砂子(48)の、「子猫殺し」で話題になっています。

この話題をネタにしているBLOGを何件か拝見しました。

それに向けたコメントも、賛否様々な意見があり、判ってはいたけど、

考え方は人それぞれなんだよなぁ。と、肩を落としました。



この「子猫殺し」の騒動を見て、「なんだかなぁ」と思った矢先、

こんな記事に辿り着きました。



『ペットブームの影に・・・1』

『ペットブームの影に・・・2』

『ペットブームの影に・・・3』

『ペットブームの影に・・・4』



私は以前、リンクを貼らせていただいている シュナままさん のBLOG、

「ハルに思うこと」で、トラックバックされた記事、



『家族を持てない犬たち 1』

『家族を持てない犬たち 2』



を見て、あまりの衝撃に夜眠るときに思い出し、

いろいろ深く考えてしまって、なかなか眠ることが出来ないくらいでした。

私は、この記事で保健所に持ち込まれた動物達の殺処分が、

安楽死じゃないということを初めて知りました。

本当に衝撃で、ただただ泣いたことを覚えています。



かと言って、この記事を書いた方の様に、困っている子を引き取ることさえも、私には出来ない。

私にできるのは、今一緒に暮らしている家族(ワンコ1人、ニャンコ1人)を、最後まで責任持って愛してあげること。

それだけです。

私は本当に無力な人間なんだな、と思い知りました。



その後の今、先ほど紹介した記事『ペットブームの影に・・・』に出会います。



読んで、また泣きましたよ。

「家族を・・・」の記事以上に、衝撃的なことがつづられています。

動物愛護センターの記事は「4」にありますが、

その具体的な数字、持ち込んだ人の理不尽な理由の数々、そして



殺処分の時の映像まで。



恥ずかしながら、私はこの映像を見ることは出来ませんでした。

1時間位画面を眺めながら、見ようかどうか悩みました。

でも、どうしてもクリックすることができませんでした。

ただただ恐くて、無理でした。 すいません。

自分でも見れないのに、BLOGに載せるなんて、違うかな?とも思いました。

だけど、この現状を私が最近知ったように、まだ知らない方達はたくさんいるんじゃないんだろうか、そして、ただあのレポートを、この現実を皆さんにお知らせしたい一心でこの記事を紹介させていただきます。



何も出来ない私が、こんな記事を書いてしまって、本当にすいません。



ランキングに参加しています♪
励みになるので、クリックお願いします★


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

<< うちのボス | home | 今度はモスバーガー!? >>

comment
マス☆マスちゃん!!みいもマス☆マスちゃんと同じくこういうこと考えると眠れなくなるタイプなの。
何かできることはないか?でも何もできないんだよね。
みいはマス☆マスちゃんより更に臆病で、どこもクリックすることができません。
こんなんで、愛猫家っていえるの?って自分のこと思うこともある。
かわいいもの、きれいなもの、だけを見て世の中生きていけないし、そういうかわいそうな現実も見ないといけないって思うんだけど・・・。
なんで、罪のない動物がそんな目に合うの?って思うよね。
地球上で環境破壊や、核を作ったり、人間だけが世の中のためにならないことをして
動物は何もしていないのに、その人間社会のためにかわいそうな目に合うなんて、最悪だよね。
考え出すときりがないけど、今の自分に何ができるんだろうね。。。
「wan life」を見てください
保護犬の為にボランティアをしてる団体です。

http://www.k4.dion.ne.jp/~wanlife/

私も何が出来るか考えても答えがでません。保護犬を引き取れないし、ブログで知り合った友みたいにボランティアに参加できないし、だから出来ることは寄付以外にないかなって。多額はできません。でも始末して貯められた分ぐらいなら、物資ならって思います。
後は出来るだけこの手のブログの応援をすることかな。
もちろん今自分が飼っているわんを最後まで愛して面倒をみてあげること。
それぐらうしか今出来ない自分が情けないけどね。

根底にあるのは、人間のほんとに傲慢で我儘で悪魔の心です。
同じ人間として悔しいですね。
みいさまへ★

本当に現実を見つめることって恐いよね。
でも、この現実を私は知って良かったと思うし、
この現実を知ったことで、今一緒にいる家族を
今まで以上に大切にできる自信が付いたよ。
それに、もし自分に子供が出来たらこうゆう事をきちんと話してあげられる親になりたいなぁ、とか考えたりして♪
私が出来ることを、まっとうするしかないよね。
重たい記事に、コメント本当にありがとう!
シュナままさんへ★

「wan life」見ました。
私のように、何も出来ないと絶望しているだけじゃ、きっと何も始まらないですよね。
この「wan life」を立ち上げた方の行動力と、勇気にただただ頭が下がります。
寄付ですか~。そうゆう参加の仕方があったんですね!
私もそれなら、もう少し生活にゆとりができたら力になれそうです。
残念ながら、まだまだ先でしょうけどね・・・。
自分だけが豊かになるんじゃなく、
自分が大切に思う犬や猫にも幸せになって欲しい。
その気持ちを忘れないようにしていきたいとおもいました。

いつも、勉強になります。
本当にコメントありがとうございました!
無理は意味ないからね^^
お金は無理しないで余裕があってでいいからね。
無理して出してこちらがしんどければ意味ないから。
私だってまだお金まではしてませんよ。
そうよ、今私達にできることは自分たちのわんにゃんを最後まで愛して守ってやること、ブログで知らせること。
出来ることからでいいと思いますよ。
で、宝くじ当たったら寄付ね^^
シュナままさんへ★

ええ、大丈夫です。
と、いいますか、今は自分んの生活すら危ういので、お金の余裕はありませんよ(笑)
そうですね、宝くじ当たったら寄付もしたいけど、
お庭の広い家を建てて、センターの子達を何匹か連れてきたいな♪
そしたら、和音にもお友達ができるし、いいことだらけ!!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。